女性の社会進出が増えている影響で、東京の保育園求人が右肩上がりに増えています

HOME>記事一覧>働き方の多様化で潜在有資格者の採用が進んでいます

福利厚生をチェック

男女平等な社会になっていることで、女性がバリバリと働ける環境が整っています。しかし、一方で子どもを預かる側の保育園は万全でしょうか。働き手の不足が深刻で、引く手あまたの求人が出ています。東京に本社を置く企業は多く、オフィス内に保育園を設けるところが増えています。資格を持っている方は、様々な働き方をすることが出来ます。福利厚生も整っていて、Wワークを可能にしてくれています。朝と夜で別の保育園に勤務することが出来ます。

医療従事者も安心

夜勤が多い方にとっては、保育園選びが重要になります。24時間保育が整備されている保育園では、夜間や深夜の保育士が必要不可欠です。当然、賃金は高く設定されています。短期や単発の求人も多く出ていて、東京には保育士に特化した人材派遣会社もあります。一度登録をしておけば、希望に沿う求人が出た際には連絡をくれます。また、業界として定年退職者の再雇用に積極的です。知識と経験が必要とされる仕事ですし、65歳を超えていてもチャンスがあります。年金プラスアルファで働ける環境であれば、生活も楽になるのではないでしょうか。結婚や出産を機に保育の現場から離れていても、研修制度があるので安心です。

広告募集中